かやぶき新年会

 

皆さま新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願い致します
美山茅葺一同より
続きを読む 0 コメント

お餅つき

続きを読む 0 コメント

かやぶきの里一斉放水 12月

続きを読む 0 コメント

美山砂木での茅刈り

続きを読む 0 コメント

北村 日役 ススキのツル刈り

今回の日役は北村の茅場に生えたツルを刈り取り、ススキを管理します!

 

草刈り先鋭部隊こと北村の男性陣と

学生団体のボランティアとPanasonicのボランティアの方にもご協力頂きました!

 

続きを読む 0 コメント

共通座学研修会

社寺建造物美術保存会主催の「共通座学研修会」に参加させて頂きました!

 

「文化財維持に対しての思い・修理技術者に求めること」を演題としまして

 

平等院鳳凰堂 住職 神居 文彰 様 

 

石清水八幡宮 田中 博志 様

          神道 尚其 様

 

より、ご聴講させて頂きました!

 

続きを読む 0 コメント

北村日役 草刈り

北村の日役に参加させて頂きました!

 

今回は、人数が多くて活気があります!

続きを読む 1 コメント

茅葺きピアノコンサート 西川悟平さん

美山かやぶき美術館で西川悟平さんのソロピアノコンサートが行われました!

 

西川悟平さんはニューヨークを中心に世界中で活躍されているピアニストです。

ピアンストの印象とは裏腹に、西川さんが一度話し始めると会場が暖かい笑いの雰囲気に包まれます。

続きを読む 0 コメント

かやぶきの里一斉放水

美山かやぶきの里「北」では一斉放水が行われました!

 

2000年5月に北村内にある美山民俗資料館が火事になったのをきっかけに、防火用放水銃を各家々に一台設置されました。

それらの放水銃の点検を目的とした防火講習を年に2回、本日と12月1日に行われます。

 

一斉放水を見るのは初めてでしたので、とても楽しみにしておりました。

午後13:30になると高台の貯水タンクから水が流され、その水圧で放水銃の小屋が自動で開き、水が放出されます。

噴射口が左右に曲線を描くように動くので、水のアーチができとても美しかったです。

 

放水銃は一回に20分間ほどの放水が行われると、貯水に3日ほどかかるそうです。

また、消火のためではなくて、水の幕をつくることで火が他の家に移るのを防ぐためにあります。

 

風景として見るのも素敵ですが、もしもの時に備えての訓練であることを思うと無事に機能し終われて良かったです。

 


0 コメント

楽々浦弁天葦船まつり

5月13・14日の二日間、兵庫県豊岡市城崎町にて「楽々浦弁天葦船まつり」に参加させて頂きました!

 

二日目から参加させていただいたので、到着時には大方船の形が出来てきていました。

 

葦船を初めて見たのですが、第一印象が大きい!

 

例年よりも大きく作られているみたいで、5人乗りを二隻制作していきます!

続きを読む 2 コメント

親方の美山スペシャルツアー

「まいまい京都」のツアーの皆さんに、親方が美山北村の案内と茅葺屋根の仕組みについて説明されました!「まいまい京都」のまいまいは「うろうろする」という京言葉だそうで、京都の住民がガイドするミニツアーです。

 

全国各地から、美山の茅葺きに興味のある方々が来られていました。

中には、私と同じ出身地で同じ大学の卒業生の方がいらっしゃってとても喜ばしかったです。

 

親方は、北村の重要伝統的建造群保存地区に選定されたことから、放水銃の仕組み・茅葺屋根の構造・茅倉庫・茅葺職人の道具・茅葺屋根の施工工程など、内容盛りだくさんのネイティブをされていました。

みなさん親方の話を楽しそうに聞かれていた様子を見学させていただいて、こうして少しずつ美山のことや茅葺きのことが知られていくことに、よろこびを感じました。

 

こうした活動が、美山の茅葺きの継続につながっていくようにたくさん知識をつけてサポートしていきたいです。

 


0 コメント

美山茅葺き顔合わせ

美山茅葺の顔合わせBBQを行いました!

 

遠くの現場への出張もあって、こうして皆さんが集まれたことは、とても久しぶりのことだでそうで。この機会に改めてご挨拶ができてとても嬉しいです。

 

美味しいお肉とお酒に会話が弾みました。茅葺屋の塩澤実さんが来て頂きました。もっとお話し聞きたかったです。長野さんご家族も来てくださって、家族団欒の様子がとてもほっこりしました。

 

そして、5月2日は児玉さんと大下倉さんのお誕生日でした!

本当におめでとうございます!

 

こうしてまた、皆さんが健康で集まれる日が待ち遠しいですね。

 


0 コメント

北村の日役

北村の皆さんと日役に参加させて頂きました。

 

本日の日役は「茅入れ」です。

「茅入れ」とは、昨年の秋に茅狩りをしたススキを円錐状に立てて乾かしたものを複数束ねて村の倉庫へしまうことをいいます。

 

ススキを刈り取った後、このようにして乾燥させることで「茅」となり茅葺き屋根の材料として使われます。

 

茅葺き屋根は郷土性があり、葺き方の違いはもちろんのこと、その土地で採れる「茅」がとても大切とされています。

ですが、茅をとる場所(茅場)は年々減少しています。北村でも去年よりだいぶ少なくなった聞いております。

 

美山の茅葺き屋根をこれからも守っていくために、ススキの管理もお力になりたい限りです。

 

 


0 コメント