耕起こし

事務所の前にある田んぼです。

 

手前に親方。奥に事務所が見えています。

 

茅葺き工事で出た古茅を肥料として再利用しています。

昔は、このように使われることが当たり前で、茅葺きと稲作は、とても近い存在だったんですね。

 

地面が黒いのは、肥料の古茅を燃やしたからです。

こうすることで、自然の虫除けの役割をします。

 

昔の知恵ってすごいなぁ。