ITS UK 1日目

世界中の茅葺きに関わる人々が集まり、情報共有、学習、親睦を深める場としてITSInternational Thatching SocietyConference 2017 UK)があります。

 

今回ITSに参加させて頂くこととなり、UK   Southamptonへやって参りました!

 

ITSの加入国は、イギリス、フランス、スウェーデン、デンマーク、オランダ、南アフリカ、そして日本です!

 

 

多国籍な茅葺きに触れ、吸収し、そして日本の茅葺きの良さを改めて知りたいと思います!

 

1日目はバスに乗って、Open Air Museumへ!

 

 

ここは約50棟の茅葺きがある野外博物館です。New Forest の平原に囲まれた風景に、ランドスケープが素晴らしい、イギリスの自然な景観が見られます。

 

 

Open Air Museum 内を進んで行くと、茅葺き屋根の1棟がワークショップスペースになっていました!ここでは、イギリスの平葺き、軒付け、棟仕舞い、sparづくりなどを目の前で見て体験することができます。

 

イギリスの茅葺きを見たことがなかった私ですが、さっそく平葺きをさせてもらいました!

 

今回平葺きで使う茅は小麦。茅を適量束ね、整え、軒付け面に沿うように配置し、屋根面を手で整えます。

 

この手順までは日本と似ている印象でしたが、ここからsparという道具を使います。Liggerという横長いヘーゼルの木にsparでを15cm間隔で突き刺し、茅を固定していきます。

 

 

sparとはヘーゼルの木を細くカットし、U字型に捻り曲げ加工された自然素材の道具です。平葺き、棟仕舞いなど、茅を固定するために使われます。イギリスの茅葺きには欠かせない道具で、sparづくりも大切です。

 

さっそくsparづくりもしてみました!

 

ですが実際にやってみると、ヘーゼルは硬くてとっても難しい男性でもそう簡単にはいきませんでした!

 

spar作り専門の職人のRodさんの早業を見て、簡単そうに見えるけれどとっても難しかったです!

 

 

日本に帰ってまた詳細を報告したいと思います!